ピュアメイジングは医薬部外品!医薬部外品と化粧品の違いとは?

ホワイトニング リフトケアジェル

 

ピュアメイジングは、厚生労働省に認可されている薬用医薬部外品のオールインワンジェルです。

 

 

なんだか一般化粧品よりも効き目がありそうで期待しますよね!

 

 

しかし医薬品と違い即効性は望めません。

 

 

ピュアメイジングのような医薬部外品が、どういう位置付けになっているのか詳しく説明します!

 

 

医薬部外品と化粧品の区別

 

 

スキンケア用品は、薬事法により、

 

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

 

にはっきり区別されます。

 

 

つまり曖昧な表記はできないので、医薬品、医薬部外品の記載がないスキンケアコスメは、化粧品類に属します。

 

 

ちなみにピュアメイジングの公式サイトには、はっきりと記載されています。

 

 

まず【医薬品】には、医師の処方でしか出せないものや、ドラッグストアでも手軽に購入できる一般医薬品があります(※薬剤師しか販売できない第一類医薬品をのぞく)。

 

 

あくまで病気の治療を目的に作られており、皮膚トラブルに用いられるのは、外用保湿剤やワセリンが医薬品にあたります。

 

 

それに対して、”医薬部外品は医薬品に準ずる”という定義があります。

 

 

【医薬部外品】は、”効果効能に有効な成分が一定の濃度で配合されていること”が条件になります。

 

 

この条件をクリアすることで、厚生労働省の認可を得ることができます。

 

 

そして成分表示する際には、有効成分とその他の成分をはっきり区別できるようにする必要があります(その他成分は全て表示しなくても良い)。

 

 

どちらかというと、治療というよりも防止や予防がメインとなります。

 

 

  • 肌荒れ
  • ニキビを防ぐ
  • 皮膚の殺菌

 

などに効果的な成分が配合されていますよ!

 

 

また、【薬用】は医薬部外品で認められた表示なので、同じカテゴリーになります。

 

 

 

最後に【化粧品】ですが、医薬部外品よりもさらに穏やかな作用で、清潔を保ったり、健やかなお肌を目指すなどの目的で作られています。

 

 

「それなら化粧品はまったく意味がないの?」

 

という疑問も浮上しますが、化粧品の成分の中にも、医薬部外品と同様の成分が配合されています。

 

 

ただし、一定量を満たしていない場合は、化粧品の他なりません。

 

 

そして医薬部外品だから高いわけでもなく、化粧品だからダメなんてことはないです!

 

 

実際ピュアメイジングは初回1,980円で購入できるので、良心的な価格です。

 

 

化粧品は全成分表示が義務付けられているので、成分一つ一つを確認することができますよ!

 

 

大切なのは、自分のお肌に合うかどうかです。

 

 

ちなみにピュアメイジングは、医薬部外品でありながら、全成分が明記されています!

 

 

ピュアメイジングの有効成分

 

 

ピュアメイジングには、有効成分として、

 

  • プラセンタエキス
  • アラントイン

 

が配合されています。

 

 

どちらもターンオーバーの促進や肌荒れの抑制、予防など美肌に欠かせない成分です。

 

 

またアラントインは抗刺激作用があることから、ニキビ治療薬にも配合されています。

 

 

プラセンタはなんとなく若返りのイメージを持つ方が多いですが、ホルモンバランスを整えたり、活性酸素を除去する効果もあるので、エイジングケアには欠かせない成分です。

 

 

ピュアメイジングで、変化していくお肌を見てみませんか?

 

 

ピュアメイジングが気になった方はコチラ☆
↓↓

>>> ピュアメイジング公式サイトの確認はこちらから

関連ページ

ピュアメイジングの12の効果と役割とは?!アノ美容成分も配合!
ピュアメイジングにはどんな効果がある?ピュアメイジングの美容成分の中には漢方でお馴染みの成分も!
ピュアメイジングとシミウスはどこが違う?比較したらこうなった!
ピュアメイジングとシミウスを比較したら割と違うことが判明!ピュアメイジング、シミウス両者の良さと選ぶポイント!
大人ニキビとシミの関係!原因や対策はある?
大人ニキビやシミ、悩んでいる女性が多いんです!大人ニキビやシミの原因を把握して、新たに増やさないようにするには?